ご挨拶
城北幼稚園は昭和28年に「母と子の楽園を作りたい」と故北川今江が自宅を開放し創立いたしました。開闢以来7500名に及ぶ卒業生を送り出し、親子3代に渡るご縁が今も続いています。本園は平成23年11月1日を以って「学校法人日の子学園 城北幼稚園」として新たな歩みをスタートいたしました。
学校法人日の子学園理事長 城北幼稚園園長 山田 正子
創立以来の建学精神は変わることなく今に受け継がれ
"一人ひとりの子どものあるがままの姿を受け止め、その心に寄り添いながら、自然と人との関わりの中で、いろいろなことに出会える幼稚園でありたい" その希いは今も変わりません。
知識よりも体験を、観念よりも感動を大切に、幼児期にしか出来ないこと、幼児期にこそして欲しいことを存分にし、嬉しいこと、悲しいこと、楽しいこと、苦しいこと、すきなこと、嫌いなことなど、幼稚園で過ごす全ての時間がどの子にとっても良いものになるようにと希っています。
"子ども達と家庭と園、それぞれが共に学びあい育ち合う大切なパートナーでありたい" それが本園の希いです。
"卒業しても幼稚園がいつまでも心のふるさとであり続ける、そんな園でありたい"それが本園の希いです。
園のホールにある4本の柱には、黄色が太陽を、水色は空を、緑は園庭の樹木を、桃色は園庭にある一番大きな桜に咲く花の色に塗られ、シンボルカラーで基本理念を表しております。
日の子学園の名は、お日様や自然とともに、一日一日を大切に積み重ねながら、豊かな人間関係や出来事の中で、心身ともに健やかな幼児であれとの希いをこめて名付けました。
60年の歴史と伝統から学んだことに加え、時代の変化にも対応しながら、一番大切な幼児の視点を見失うことなく、職員一同研鑽精進しながら、真に幼児に相応しい、よりよい幼稚園作りに励んでいます。
城北幼稚園に吹き渡る、四季折々の風を感じに是非一度お出かけください。
学校法人日の子学園 理事長 城北幼稚園園長 山田正子