保護者の皆様の声


在園児や卒園児の保護者の皆様から頂いた声をご紹介します。
親子2代に渡り通園してくださる方がたくさんいらっしゃるのは、
歴史の長い幼稚園ならではです。
保護者の皆様の声から、城北幼稚園の雰囲気を感じて頂ければと思います。


初めて城北幼稚園を見学させていただいた時に、園長先生が息子の目線に合わせしゃがんでお声をかけて下さった事、幼稚園バスが気になっていた息子に「ぼく、乗るかい?」と運転手さんがバスの中を案内してくれた事、そんな温かい雰囲気と緑いっぱいにの園庭にひかれ、城北幼稚園に入園を決めました。
そして今、毎日バスを降りた後、バスを追いかけながら「バイバーイ!!」と見えなくなるまで手を振り、「今日はねー!」と嬉しそうに報告してくれる息子を見て、城北幼稚園を選んで本当に良かったと日々感じています。
時には覚えたての踊りを小さく踊ってくれる日もあり、帰り道がいつしか私の大好きな時間になりました。

元気でやんちゃな息子で、初めての集団生活に不安が大きかったのですが、先生は息子と真剣に向き合い、沢山の愛情で見守って下さっています。そんな先生方を見て、私も息子の成長をゆっくり見守っていく大切さを教えて頂きました。

また、城北幼稚園は園庭が土で大きな木や草花、小さな生き物が子供達と一緒に生活しており、毎日それらにたくさん触れ、汗びっしょり、くたくたになって帰ってきます。夏にはみんなで水着になってどろんこの水遊びもします。
五感を目いっぱい使って身体じゅうで遊ぶことは幼児期の「いま」しかできないことです。
遊びを保育の中心におくことで、お友達と協力し、自ら考えて行動する「生きていく力」を育ててくださっていると感じています。

残り少ない幼稚園生活ですが、今しかできないことをたくさん経験してほしいです。
そしていつまでも変わることなく、温かい城北幼稚園であってほしいと思っています。


       

たくさんの緑に囲まれのびのびと遊ぶ子供たちの姿がとても印象的でした。
城北幼稚園は特別に支援の必要な子も、みんな一緒に園生活を送っています。
「ぼくが持つよ!」 「大丈夫?」
などの声掛けは自然と多くなります。思いやりがこんな風に自然に生まれてくる環境が、ここにはあるんだなと感じました。
子供たちがこれからもっとたくさんの人に出会い、関わっていく中、この様な環境が初めての集団生活の場である事は、子供たちにとってはもちろん、私たち親にとっても学ぶことが多く、貴重な時間を頂けたと思います。

園長先生はじめ、先生方のお力と保護者の方々の温かさに大変感謝しております。
このご縁を親子共々大切にしていきたいと思います。

        

主人の転勤とともに始まった2回目の幼稚園探し。色々な偶然やご縁があり、城北幼稚園にお世話になりました。

長子は年長一年間の在籍でしたが、担任の先生だけでなく、すべての先生が親子の顔と名前を憶えてくださるような環境で、すぐに溶け込めました。春には、園庭に沢山の花が咲き、花の名前を覚え、夏には程よく木漏れ日の射す園庭で汗をかきながら遊び、秋には形や色のきれいな落ち葉を集め、冬になると「寒いね~」と言いながらも元気いっぱいに走り回って、五感全てを使って成長していく我が子に愛情を注いでくださる先生方。
幼稚園に通う時期に、幼稚園でしか体験できないこと、この年齢でしか体験できないことを、沢山していただきました。

慣れない土地での子育てに、園長先生をはじめ先生方に悩みを聞いて頂きながら、私自身も親として少しずつ前進する日々です。

お弁当持参は、私にとってはかなり高いハードルでした。しかし、やってみると給食注文や「パン券」「おにぎり券」の『保険』もあって、案外どうにかなるものです。毎日のことですので、決して特別ではない茶色ばかりのお弁当ですが、子供たちは気に入ってくれて、私の自信にもなりました。またお弁当は、言葉の発達がまだ十分ではない子どもからのメッセージと感じています。

長子にくっついて幼稚園に顔をだしていた子も、待ちに待った幼稚園が楽しくて仕方がないようです。
「幼稚園にただいるだけでいい」という子どもに、そう感じさせてくださる先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

末子の卒園まで、まだまだしばらくお世話になります。親子ともに、城北幼稚園で成長していけたらと思っております。

        

1歳だった娘を連れて、初めてなかよし広場へ行ったとき、子供たちが生き生きとしていて、娘もこんな風に大きくなって欲しいなと思いました。
園長先生、副園長先生、うさちゃん教室の先生、諸先生方、バスの運転手さんが、いつもお声がけくださり、家庭のような温もりのある幼稚園です。

担任の先生は、クラス一人一人に帽子に付けるマスコットを手作りしてくださいます。愛情いっぱいで、本気で子供たちと向き合いご指導くださるので、娘の先生が大好きです。親としても安心して預けられています。
育児の悩みもいつでも聞いてくださるので、感謝しています。
毎月のお誕生日会では、先生からその月にちなんだお話やクイズがあり、まるでおばあちゃんの知恵袋のような・・・素敵な時間だなと感じています。園児たちの歌、先生方のパネルシアターもあり、娘はとても楽しみにしています。

子供のありのままを受け入れてくれるので、親子で頑張りすぎることもなく、日常生活を大事にして、しっかりと心を育ててくださいます。
ある日、娘が葉っぱときれいなお花も持って帰ってきました。
「園長先生がお花をとっていいよ!って言ってくれたの」と嬉しそうに話す娘を見て、温かい気持ちになりました。

園庭には四季折々の草花がたくさんあり、季節の移り変わりを肌で感じながら、娘はのびのびと成長しています。
時には花いちもんめをしたり、昭和の子供のように遊ぶ光景もみられ微笑ましいです。
親子二代でお世話になっておりますが、時代は変わっても城北幼稚園らしさが残っていて嬉しかったです。


        

第一子の幼稚園探しは、未就園児向けの教室探しをしているときから始まっていました。でも、どの幼稚園も立派な教育目標を掲げ、どの幼稚園も大差なく施設が充実、正直、どこでも似たようなものなのかな・・・と迷い決めかねていました。
ところが城北幼稚園に見学に行くと、園庭で遊ぶこどもたちの生き生きとした姿に触れ、城北幼稚園が格段に良い!と思ったのです。
園庭には様々な種類の木々が空に茂り、足元には色とりどりの花々が季節を知らせてくれるかのように咲き、集団で遊んでいる子もいれば、一人で遊ぶ子もいる。虫探しに葉っぱ集め、みんな自分で自由に遊びを作り出して、のびのびと遊んでいました。誰かが転んで泣けば、大丈夫?と声をかけ、学年を超えてごく自然に一緒に遊んでいる姿も見られます。
園庭での子どもたちの様子が幼稚園の魅力を物語っていると魅了され、我が子はぜひ城北幼稚園へ!と心が定まったのでした。

いよいよ入園したのも束の間、第三子が生まれ、第二子はまだ手のかかる1歳児。実家も遠く、毎日フル回転で育児をしていた私に、園長先生はじめ、先生方やクラスのお母様方がいつも手を差し伸べ、暖かい声をかけて下さいました。我が子を育てながら、私も幼稚園に母として育てていただきました。子どもと、その家庭にまで心を向けて下さる城北幼稚園の優しさには、深く感謝しています。

また、城北幼稚園は子どもの身を守る危機管理がしっかりしていることにも大きな信頼感があります。行事のたびに避難方法や、保護者の対応について指南することを何年経っても欠かさない幼稚園の真摯な姿勢に、毎日安心して園に送り出しています。

第二子は年中で楽しい幼稚園生活を満喫中。来年は第三子の入園も控えています。素晴らしい幼稚園に出会えたことを喜びながら、これからの子どもたちのためにも城北幼稚園があり続けることを願っています。

       

城北幼稚園は都内の駅近にありながら、たくさんの自然に囲まれた幼稚園です。
季節ごとにきれいな花が咲き、様々な虫に出会え、葉っぱが色を変え、木には実がなったりと、1年を通して様々な自然の変化と触れ合うことができます。

我が家は3人の子供たちがお世話になっているのですが、2~3歳の頃からこの環境で育ったおかげか、虫や自然が大好きで、母親の私より詳しいことも多く、たくましく育っています。
少人数制なので、先生方が全園児のこのをよく把握していだたいていて、どの先生も分け隔てなく子供たちに接してくださっています。小さな変化や成長に気付いていただけることも、親としてはとても安心しています。

ここまで無条件に全力で遊ぶことができるのは、幼稚園のうちまでだと思います。
小学生になると嫌でも勉強しなくてはならず。二年生なった長男は今になって「幼稚園は楽しかった!戻りたい!」と言っています。
思いっきり遊びながら、自然や生き物を大切にする心や、お友達に優しくする心、人間関係の築き方などを自然と学ぶこと・・・この幼児期にしかできない大切なことだと感じます。

そして、いつものびのび過ごしているにも関わらず、運動会やお遊戯会の仕上がりは素晴らしく、毎回驚かされます。熱心な先生方のご指導には本当に頭が下がります。
基本優しい先生方ですが、危ないことや悪いことをした時はきっちり叱ってくれます。子供たちのことをいつも一番に考えて保育していただいていると、常日頃感じることができます。

保護者の方々も穏やかで、子供想いの方ばかりなので、行事や保護者会もとても良い雰囲気で、私自身も幼稚園生活を心から楽しませていただいています。

          

足立区にはたくさんの幼稚園があり、長男の幼稚園選びに悩みました。いろいろな幼稚園を見学に行き、その中で城北幼稚園は子ども達の目が輝いていて、先生方の生き生きとした表情を見て、この幼稚園なら三年間楽しく園生活が送れると確信しました。
お勉強をする幼稚園もありますが、幼児の三年間はお勉強よりも心の育成をすることが何よりも大切だと思いました。
自然あふれる園庭で遊んだり、大きな園バスで園外保育をしてくれるのも魅力的でした。また、手芸を教えてくれる先生、いろいろな楽器に触れさせてくれる先生、保育室で虫を飼っている先生、保育を楽しんでいるのが感じられる先生方。そんな先生方に囲まれて生活できるのは素敵なことだと思いました。

そんな園で三年間お世話になった長男は、心豊かで優しい子に育っており感謝しています。卒園した今でも幼稚園のお友達と集まって遊んだり、時には保護者だけで集まり、育児や家庭の悩みを相談しあえる大切な仲間が私自身にできました。子ども達を城北幼稚園に通わせて本当に良かったと思っています。
幼稚園で過ごした日々は子ども達の宝物となり、これからの力となるでしょう。